桃太郎のテンション

ドッグダンス
10 /15 2014
さて、日曜日のレッスンの様子です。
その前に~先生とこの長男紹介

IMG_029600.jpg

ラブラドールレトリバーのボルド君 通称 ボルちゃん 11歳 
未去勢の男の子です。
とても穏やかで優しい目をしています。
で~もおやつ大好きなのでおやつタイムになると俊敏な動きで前に座り、
おやつをおねだり 

IMG_0288.jpg

IMG_0289.jpg

う~んボルちゃん表情が・・わかりません 
穏やかな表情を撮りたかったのに・・
又、リベンジしようっと
ボルちゃんは未去勢だからか 
桃太郎 ウーッと何回か低く唸った事があります
でもボルちゃんは動じません。桃太郎と違い心が広いんです
本間、ボルちゃんを見習って心の広い男になってほしいと願う母です。

本日は結ちゃんがお休みなので桃太郎のみです。
頑張って結ちゃんに追いつこう
ターンバックの練習です。
またまたバックはするもののターンせず 
こっちも意地になり、又『ターン』と連呼
挙句の果てに前に前に近づいてきてからのターン
【なんで~前に出てくるのバックで下がった意味ないじゃん】と
怒りの声を心の中で叫びました
先生から『 “ターン”の意味はわかっているはず。遠隔になると集中力がなくなってくる。』と・・
そうなんです 
近くだとターンができるのに離れるとダメ。ボーとして動かない
『おやつを変えてみましょう』と先生から提案があり桃太郎の反応を
見つつ変えてみました。
するとバックで下がる時から桃太郎のテンションがアップ 
はい“ターン”・・
出来た~ 初めて、その場で回りました 
そしてバックで戻ってきました

要は、桃太郎のテンションなんです もともとテンションが低い桃太郎。
ダメ飼い主の私は、ひたすら、オヤツ命でオヤツで桃太郎のテンションを
上げようとしています。 
でも飽き性の桃太郎は、同じオヤツ飽きちゃいます
変えても又飽きちゃいます エンドレスなんです
今回はオヤツを変えて桃太郎も気分が変わったのかテンションが上がりました
でも何回も続かないと思います。

「オヤツ」そのものではなく「オヤツをくれる人」が鍵かも・・
先生から頂いたオヤツ 食いつきがよかったので同じ物を買ってみても・・
私があげたら反応がもう一つだったし・・・
先生に聞いてみました。
『テンションあげるの難しいですよね。やっぱり飼い主ですか
『はい。そうですよ~』と明るく答えて頂きました。やっぱし~

薄々は、気づいておりました。
ウィルママと練習する時の桃太郎のテンションの高さを見て
桃太郎にとって少しでも魅力的な飼い主になれるよう頑張ろうっと

DSC_0202.jpg

『がんばれよ~』
お風呂のゴシゴシタオル(保冷剤入り)を首に巻きエールを送る桃太郎でした。

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント